ホテル一井<公式HP>草津温泉の旅館なら湯畑を見渡せる部屋がある老舗宿
電話での予約・お問い合わせ TEL:0279-88-0011
  1. ホテル一井
  2. 温泉草津温泉の魅力
草津温泉の魅力

草津温泉の魅力

名湯 草津温泉の紹介

「湯畑」が温泉街のシンボルになっているここ草津温泉は、日本三大名泉の1つに数えられる名湯で、起源は今から1,000年以上も前だといわれています。 自然湧出量は毎分32,300リットル以上で日本一を誇ります。当旅館でも「源泉かけ流し」ができるのはこの湧出量のおかげです。また、草津はその泉質が売りです。日本有数の酸性度で、pH値はナント2.1(湯畑源泉)。だから、雑菌などの消毒作用が高い温泉なのです。そして、草津は温泉地として有名になった西暦1,200年頃から、現在に至るまで人々を魅了し続けています。

種類豊富な草津の6大源泉

源泉・湯畑(ゆばたけ)

源泉・湯畑(ゆばたけ)

ここは散策の起点にもなっており、観光で訪れた人は必ず足を運んでいます。
湯畑では、湧き出た湯をまずは7本の木樋に通します。これにより高温の湯は、外気によってほどよく冷やされる仕組みなので入浴客は水で薄めることなくピュアな源泉温泉を楽しめることができます。

源泉・白旗(しらはた)

源泉・白旗(しらはた)

歴史が古い源泉で湯畑の隣で湧出しています。その昔、源頼朝が発見して入浴したという言い伝えのある湯です。明治時代に「御座の湯」を改め、源氏の白旗にちなんで「白旗の湯」と名付けられました。湯畑前にはこの湯を引いている共同浴場「白旗の湯」があります。

※当館の大浴場『石殿』にてお楽しみ頂けます。

源泉・万代鉱(ばんだいこう)

源泉・万代鉱(ばんだいこう)

現在の草津温泉での主力源泉の一つ「万代鉱源泉」。この源泉は湯畑を中心にして湧出する他の主力源泉と違い、唯一湯畑から離れた場所で湧出しています。

※当館の露天風呂『石庭』にてお楽しみ頂けます。

源泉・西の河原(さいのかわら)

源泉・西の河原(さいのかわら)

この一帯は公園として整備されており、園内のいたる所からお湯が涌き出しているので、ぜひ散策をしておきたい場所です。

源泉・地蔵(じぞう)

源泉・地蔵(じぞう)

湯畑源泉のように湯の花がよく見えます。地蔵堂の脇から涌き出ており、小さな「地蔵湯畑」もあります。古くから眼病に効くと言われており、共同浴場「地蔵の湯」で入浴できます。

源泉・煮川(にかわ)

源泉・煮川(にかわ)

この湯だけは旅館に引かれていないが、町営浴場「大滝乃湯」で入ることができます。あまりにごりがなく透明なお湯や大滝乃湯の地下にある「あわせ湯」には湯温の異なる5つの浴槽が設けられています。

時間湯

手順

1.湯もみ 2~30分

泉質を下げないために水を加えずに、お湯の温度を下げるためのものなのですが、これは、準備運動としての効果もあります。

2.手桶により頭に3~40杯の湯をかぶります

高温のお湯に入るため、急激な血圧上昇に備えたり、貧血をおこさないように、体を熱さにならしておくのに適切だと評価されています。

3.湯長の号令で一斉に入湯。3分間

きっと、経験したことがある人も多いと思うのですが、熱いお湯に入っているとちょっとでも波が立つだけで、すっごく痛いんですよね。
大人数で入ると、波もおきやすくなるのですが、逆にまわりのみなさんへ迷惑をかけちゃいけないって、不思議と我慢できちゃうものなのです。こうして、湯ただれを起こすぐらい、肌に刺激を与えて自浄作用を促進させるわけです。一見、逆療法のように思えますが、ちゃんと理にかなった有効な温泉療法として、評価を得ているのです。

4.同じく号令で一斉にでます。

これを1日4回繰り返します。この入浴法は、単純なようにみえますが、 きちんとベルツ博士による医学的な意味の裏付けもされています。“時間湯”は、全国でただ一人の、修行と体験を積んだ「湯長」による“完全指導”により行なわれます。