ホテル一井<公式HP>草津温泉の旅館なら湯畑を見渡せる部屋がある老舗宿
電話での予約・お問い合わせ TEL:0279-88-0011
  1. ホテル一井
  2. 温泉
温泉

温泉

草津温泉の貴重な2つの源泉が掛け流し

草津温泉にある豊富な6源泉・・・。ホテル一井では、その6源泉のうち貴重な2つの源泉を引いています。大浴場は少し白く濁った「湯畑前白旗源泉」、露天風呂は透明色の「白根山万代鉱源泉」の天然温泉が掛け流しとなっています。2種類それぞれの温泉の泉質の違いをお楽しみください。

利用時間 14:00~26:00 5:00~10:00
(大浴場、露天風呂共通です。)

泉質

泉質

酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉

源泉名 特徴
大浴場『石殿』 湯畑前白旗源泉 少し濁ってとろりとして、まろやか
露天風呂『石庭』 白根山万代鉱源泉 透明でさらりとして、舐めると酸っぱい

大浴場『石殿』インド砂岩と御影石を使用した総石造

男湯 大浴場

女湯 大浴場

種別 天然温泉100%
泉質 酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉[硫化水素型]
温度は55.5℃。PHは2.06、湧出量は毎分1508リットル。
適応症 きりきず、やけど、慢性皮膚病、糖尿病、高血圧、動脈硬化症、虚弱児童、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症
禁忌症 皮膚粘膜の過敏な人特に光線過敏症の人、高齢者の皮膚乾燥症、急性疾患、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、妊娠中
説明

当館の大浴場は、草津温泉の宿の中でも湯畑周辺の10軒ほどの宿しか使用できない、希少な『白旗源泉』を使用しています。お湯に溶け込んだ硫黄分(湯の華)を採取することなくそのまま宿に引湯されているため、硫黄分が多く、肌を優しく包むようななめらかな肌触りの泉質です。日によって淡く白濁することもあり、匂いを嗅ぐと豊かな硫黄の香りを感じることが出来る、「これぞ草津」といった源泉です。

当館の大浴場では、その貴重な白旗源泉をもっとも多く引湯しており、大きな大浴場でもふんだんに掛け流しで使用しております。

大浴場浴槽の壁はインド砂岩と御影石を使用しています。その理由は、草津温泉の強酸性に強い性質がある為です。例えば、大理石や通常のコンクリートでは強酸性のお湯に溶けてしまい、数ヶ月でボロボロになってしまいます。男湯がインド赤砂岩、女湯がインド白砂岩、それぞれ壁の色が異なっています。

壁の間から源泉を流していますが、腐食に強いインド砂岩でも析出した硫黄で変色するほどであり、白旗源泉がいかに多くの成分を含んでいるかを物語っています。 また、大浴場の蛇口(カラン)は、酸と硫黄の影響により、新品に交換してからそれほど時間が経たないうちに金属部分が真っ黒に変色してしまうほどの威力があります。金属部分の変色は化学変化によるもので、カビや汚れではございませんのでご安心ください。

露天風呂『石庭』和風情緒あふれる庭園風の露天風呂

種別 天然温泉100%
泉質 酸性-硫酸塩・塩化物温泉
温度は95.4℃。PHは1.70。湧出量は毎分6200リットル。
適応症 きりきず、やけど、慢性皮膚病、糖尿病、高血圧、動脈硬化症、虚弱児童、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症
禁忌症 皮膚粘膜の過敏な人特に光線過敏症の人、高齢者の皮膚乾燥症、急性疾患、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血、妊娠中
説明

当館の露天風呂は、東屋風の六角屋根が設けられた、ささやかな庭園風の露天風呂です。源泉は、草津温泉の中でもっとも温度が高く、もっとも酸性が強く、もっとも含有成分の多い『万代鉱源泉』を使用しています。湧出時の温度が大変高温なため、硫化水素ガスはお湯に溶けることが出来ず、草津のお湯の中でも珍しい“硫黄の香りがしない源泉”です。硫黄分が含まれないため色は透明、肌触りはさらっとしていて、すっきり爽やかな湯上がり感になります。爽やかとはいえ、含有成分そのものは大変ふんだんに含まれており酸性も強い、パワーのある源泉です。大浴場とは全く違う性格のお湯をお楽しみいただけます。

当館は草津の盆地の中心地に位置するため、露天風呂もあまり開けた景観にはなっておりません。しかし、夏には新緑を、秋には遠くの山々に紅葉を、冬には雪見を、夜には灯りに浮かぶ幻想的な雰囲気を・・・と、その時その時で違った表情を見せてくれる、大変風情溢れる露天風呂です。名湯に浸かりながら、移りゆく季節と、爽やかな高原の風をぜひご堪能ください。